上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。

横山です。
私事ですが、
引っ越すことになりました。

荷づくりなど、ちょっと大変な思いをしておりますが、
気分も一新し、
ブログも、そのまま
アメブロに引っ越してみることにしました。

携帯電話も引っ越してみました。
iPhoneにしました。

使いこなすのは、まだまだこれからですが、
ずいぶんユーザーも増えてきたもようですので、
楽観視しています。

それよりも、
昨年買った、イーモバイルとセットで購入したミニパソコン。
一気に使わなくなってしまい、しかしながら分割払が続く・・・・。

新しいブログはこちら「世界人大学準備ブログ」

スポンサーサイト
2009.10.11 Sun l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
横山です。

前にも、ここで何度か
お話しておりますが、

「降りてゆく生き方」という映画の札幌上映会を企画しております。

詳しい記事を友人から教えてもらいました。
「降りてゆく生き方~日経トレンディネット」


この映画は 一般の映画館では上映されない、DVD化もテレビ上映もされない映画です。
公民館、市民ホール、古民家、小学校など10カ所30回の上映を続けてきました。

さて、その映画の主題歌が、
「ぼくらのあり方」

と呼ばれる唄です。

僕等のあり方

ってなんだろう?

そう問いかけられる出来事が、
この数ヶ月、
僕の身の回りに数多く、起きてきております。

仕事でも、家庭でも、
自分の「あり方」を、足元を見つめる機会が次から次へと
起こるのです。

僕の目の前に、現れるのです。

心が折れそうになるくらい辛い出来事もあれば、
むちゃくちゃバイタリティが溢れてくる出来事もあります。

きっと皆さんも、日々そうなのでしょう。

でも、一つ一つの出来事に向き合うときに
その現象に対してのみ対処するのではなく、
「ぼくらのあり方」を
一度、見つめなおすと、ぼくらに何が起きてきますでしょうかね。



ちなみに、映画の主題歌CD
「ぼくらのあり方」熊木杏里

上映会のみでしか買えないらしいです。
なので・・・・・・・・僕は持っていません。






2009.09.11 Fri l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
9月に入りました。

僕が取り組んでいるアクションラーニングの体験講座が
来週あるので、興味のある方はぜひ。

http://interfacenews.seesaa.net/article/126428790.html

アクションラーニングを通じて、
その取り組みの中で、出てきたのが、
「世界人大学」の再定義。

2月から、活動を開始してゆるゆるとやってきておりますが、
「かかわり」や「つながり」が増えてくる中で、
それぞれとの関係性を考えさせられているのです。

そのために第一歩として
「世界人大学」自体の見直しをしてみました。

見直しといいつつ、いつも、これは考えているのです。

「おもしろい」世の中をつくろう。

これはゆるぎない方向性だと思います。
では、このおもしろいとは?

また、改めて問いかけてきました。
日本語では、
「粋」
という言葉であることが近いのでは?

ホームページに書かせてもらいました。

witty。そんな形容詞もでてきて使ってきましたが、
この一ヶ月で落ちてきている言葉が、interesting

僕は、英語専門家でもないので、感覚でしかないですが、
自分のあり方としては、WITTY
で、いいかな。そうおもいます。

そして、人に説明する面白さとしては

interesting

であるのかな。とおもいます。ただのfunnyとは違いますので、
そこを説明していくとわかりやすいのかもしれないなと思います。

前置きがながくなりました・・・。

そんな作業にとりくんでいくなかで、もう一つのキーワードして出てきたのが
「多様性」です。

今回、選挙が終わり、民主党が大勝しました。
僕はこの結果を見て、以前の衆院選以上に怖さを感じています。

人々の考え方、立場は多種多様なのに、
「現れ方」が単純化してきているのに強い抵抗感を感じています。
ひょっとすると、これはこれから僕がおいかけ、世界に問いかけていく
政治的なテーマかもしれません。

カリスマ性のある(実はここが大変問題で)独裁者が現れないことを祈るばかりですが、
均一化、単純化する世の中に、
「怖さ」感じてほしいなと思います。

先日、有珠山を降りながら
何十年か時が経つとよみがえる森と、その多様性を体感してきました。。
噴火によって、焼け野原になったはずなのに、緑、命あふれる恐怖すら感じる森。
いろいろな匂い、音がするのに、そこには人工的なものは感じられませんでした。

多様性を感じると、弱いものにも目が向きます。

僕は、「弱者のため」にといいつつ動き出し
大きな結果と達成感がしきりに報道されるこの選挙結果に、
逆に、マイノリティが見落とされてしまう、弱いものが見落とされる怖さを感じています。

世界人大学では、
大きな夢をもちながら、
弱さや怖さを忘れない人たち

輩出できるよう、一つ一つ準備をします。
2009.09.01 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

このブログでは、実は画像の投稿よりも、
You TubeのURLを貼り付ける方が
手間が楽なことが気がつきました。

FC2ブログに画像をアップするには、
毎回適切な大きさに縮小しなければならないのです。

ということで、スライドショーを製作しました。
途中、煙が黙々と出ている様子は、ぜひご覧になってください。





最初に記念撮影をして、
ロープウェイで山頂近くまで上ります。

その後、散策路を(かつては外輪山一周できたそうです。)
山頂駅からくだり、ヘルメットを装着。

立ち入り禁止内には、安全のためヘルメットを装着していただきます。

草が生い茂る、外輪山の尾根をわたり、いよいよ
30年前の噴火口におりたちます。

地球の生命を感じる音を感じながら、
地面の温度を体感し、
小有珠まで登りました。
(僕はへばって途中で休憩です。)

その後、ジャングルのような森を、
スベって転びながら降り、
最後に、温泉街の足湯で記念撮影。

体中のミネラル分が対外に放出され
乾いた腕は、塩分でキラキラしておりました。

来年も、ぜひやりたいと思います。






2009.08.31 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

横山です。

新しく「スーツdeちょんまげ」の第3弾の企画が固まってきましたので、
中間報告をします。

こんどは、SAMURAIと冠が付いている
お店に乱入です。

日程については、まだ、近々としか言えませんが、
たぶん土曜の昼下がりになるでしょう(笑)

さて、
そんな、チョンマゲスト 横山ですが、
ある方にかなり冷静に

「恥ずかしくないの?」

と聞かれました。

そりゃ、恥ずかしいですよね。

ということで、僕の中で
「恥ずかしいとはなにか?」

の探究が始まりました。

いま、世界人大学ではマジック講座を開催しています。

おもしろいのが、
生徒さんに発表をしてもらおうとするとき

「恥ずかしい」
という声が出てきます。

わかります。わかります。

でも、マジックって人の前で披露するものだし、
それを恥ずかしいといっていては、なんのために練習しているの?

なんて、講師のきどこうたろうさんはいいます。

そして、僕の「恥ずかしい」とは何か?探究がさらに・・・。


僕にとっての恥ずかしいって何だろうと考えてみました。

選挙がありました。
どうでしょう。
マニフェスト。守らないで平気なことをいっているのは僕は恥ずかしいです。
自分のことを棚に上げて、他人を誹謗中傷すること。恥ずかしいです。
一貫した意識無く、反省、弁明もなく自分が入っている政党がころころ変わるのは、恥ずかしいです。
印象に残っていることが不倫だけの議員も恥ずかしいです。

一般社会ではどうでしょう。

障害者向け専用駐車場に、平気で停める健常者は恥ずかしいです。
車の窓から、吸殻をポイ捨てするのは恥ずかしいです。

プライベートなイライラを、仕事に持ち込むのは恥ずかしいです。
なんでも部下のせいにする上司は、見ているだけで恥ずかしいです。

これらのことからくらべてみたら、

街中でちょっとちょんまげのカツラをかぶるなんて、ちょろいもんです。
・・・いえ、やっぱりやや恥ずかしいです。










2009.08.30 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。