上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。
代表 横山です。

ふとしたきっかけで知ることになったイベント、
無料だということもあり・・・行ってきました。

しかしながら受付では、
メールで事前の申し込みをしていたにもかかわらず、
名前がなく、グーグルからヤフーへのメールは、これは信用できないですね。
返信がない時は、何らかのアクションをした方がいいのかもしれません。
ともかく、大丈夫といっていただきましたので、お邪魔してきました。
もし、だめだと言われたところで、むりやり居座るつもりだったんですけれどね。


石狩川の自然と人をつなぐもの
というイベントです。

主催は
茨戸川環境市民フォーラム

茨戸川は「ばらとがわ」と読みます。
石狩川は、よく知られているかもしれないけれど
もともと石狩川を治水工事で直線化した時に残った
三日月湖なんです。
なので、治水工事をする前の石狩川の姿を残した川といってもいいでしょう。

こちらの市民フォーラムは、
この環境を自然の状態に再生していこうという活動をしていて、
その10周年を記念してのイベント。
だったと思います。実はよく主旨がわからないまま参加してきました。

細かいことは割愛しますが、
川を中心として、水辺を中心として存在していた、昔の森、自然を
復活させようと、小学生や地域の方、そしてお役所を巻き込み
活動してきたことの報告でした。

茨戸川には、
僕も結構思い出があります。

ここ数年は行っていませんが、
毎年1月2月は、氷に穴をあけてワカサギを釣ったりしていました。
最近、温かくて氷の上に行くのが不安。

夏にはコイ、フナを講義をサボって釣りに行ったりしたことも。

ボートに乗ったこともあります。
大学の体育会が主催する学校行事でレガッタ大会っていうのがあったんですよね。
クラスでチームを作り参加しました。

学生のころからくらべて、
「なんだか、木々がもじゃもじゃしてきたな。」
と思っていたのは、
気のせいじゃなくて、
こういった方々の地道な活動があったからなんですね。

必要以上に手をかけるわけではなく、温かく見守る。
地道な活動も、続けていくとまた、大きな結果を生み出し、自然をも変える。

そのコツコツした活動には実に、感動しつつ
【「世界人大学」も10年たったら大きく育つといいなぁ。】
そんな風にわくわくして興奮して、
結局、誰にもろくな挨拶をせずに帰ってきてしまいました。不覚。

手元に残ったのは今回のイベントのスポンサー企業のサンプルのみ。
スポンサーサイト
2009.02.28 Sat l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。