上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。
横山です。オルタナ編集長からメールが届きました。
今回は、民主党の政策について
再度突っ込んだお話が書かれています。

今、世の中の流れは、
政権交代というものにむけて
流行のように流れているようです。

オルタナは特にマニフェストの環境分野に注目して
民主党の支持を表明していたわけなのですが、
読者からの質問に対して、編集部が真摯に対応している様子が伺えます。

読者の意識の高さと、
編集長の森さんの誠実な対応(インテグリティ)。
雑誌というどちらかというとマイナス成長のメディアにもかかわらず、
これからのメディアの「あり方」を示唆している気がします。

世界人大学は、来年、一般社団法人化を目指しております。
そして、オルタナが主催する
産学官、そしてNPOを繋ぐオルタナビジネスコミュニティの
幹事として本格的に活動をはじめます。

今は、世界人大学とともに小さな活動ではありますが、
粘り強くジャブのように(シャブではありません。)
世の中にインパクトを与える存在になりたいと考えています。

長くなりました。
編集長からのメールです。

--------------

雑誌オルタナは今月、次期衆院選の各党マニフェスト(政権公約)の
特に環境政策分野について比較検討し、その結果、民主党の
マニフェストをエンドース(支持)すると表明しました。

これに対して、同じ民主党のマニフェストには高速道路無料化が
うたわれており、これにより自動車の交通量が増えれば、
民主党のCO2削減目標(2020年までに25%)と矛盾するのではないか
――との声が少なからずオルタナ編集部に寄せられました。

この点をさらに明らかにするため、オルタナ編集長の森 摂は8月26日、
民主党のマニフェストで環境分野を担当している福山哲郎参議院議員に
電話取材し、下記の説明を受けました。まずは皆さんにご紹介します。

(以下、福山議員の発言要旨)
高速道路の無料化とCO2削減は矛盾しません。これまで高速道路の料金が
高いためにクルマが一般道に流れ込み、渋滞を引き起こしている箇所も
数多くありました。高速道路が無料化されれば、交通が分散され、
渋滞緩和につながることも期待できます。

国土技術政策研究所の試算(2008年度)によると、高速道路を10割引
(無料化)にした場合、全国の自動車によるCO2排出量は年間310万トン
削減でき、これは自動車によるCO2排出量の1.8%に相当するとのことです。

民主党は、キャップ&トレード方式による実効ある国内排出量取引市場、
地球温暖化対策税の導入、自然エネルギーの固定価格買取制度(全量
買い取り)を早期に導入するなど、トータルで環境政策を進めます。
高速道路の無料化だけを取り上げて、地球温暖化対策と矛盾するという
論はあたらないと考えます。
(以上、福山議員の発言要旨終わり)

民主党の高速道路無料化に対しては、無料化されると交通量が増大し、
CO2の増加を招くなどとして、「気候ネットワーク」などの環境団体が
強く反対しています。

オルタナとしては、民主党の地球温暖化対策は自民党に比べて、
高く評価したいのですが、高速道路の無料化については、CO2が
増えるのか、あるいは福山議員が主張するように、逆に削減されるのか、
まだ確証が持てません。

もし仮に民主党が政権をとり、高速道路が無料化された場合、
交通量を精細に分析し、そしてCO2が増えるような事態になれば、
速やかに次の対策を取るよう、求めたいと思います。

また、ガソリンの暫定税率については、
オルタナ11号「環境税は怖くない」で取り上げたように、
廃止するのではなく、環境税(炭素税)化するのが良いと森は考えます。

オルタナは今後とも、3日後に控えた総選挙の結果にかかわらず、
環境と経済の問題を注意深く検証していく所存です。
今後の誌面に、どうかご注目ください。

■■■オルタナお勧めのイベントのお知らせ
■サステナビリティ・リーダーシップ・セミナー
「グリーン・リカバリー」の潮流に乗ろう!!
- グリーンキャリア・グリーン教育、そして持続可能企業の実現へ -

greenz編集長・鈴木菜央さんもゲストスピーカーとして登壇します。
ワークショップも別途開催。

会場: クロスコープ 北青山(銀座線外苑前駅徒歩2分)
地図: http://www.equalc.com/events
日時: 2009年9月12日(土)10:00 - 13:00
参加費: 2,000円 (事前メール申込)
定員:40名(先着順)
問い合わせ・お申し込みはhttp://www.equalc.com/ja/events

■映画「降りてゆく生き方」大阪上映&スペシャルイベント
(降りてゆく生き方 夏祭り in OSAKA)
http://www.nippon-p.org/mov-osk-829.html
宣伝も広告も一切しないのに、短期間で1万人を動員した映画
「降りてゆく生き方」が、8月29日(土)と30日(日)の2日間、
大阪で映画上映&スペシャルイベントが実施されることになりました。
29日(土)には、俳優の苅谷俊介さん、女優の大谷允保さん、「発酵道」で
有名な寺田啓佐さん(寺田本家)など、豪華キャスト、スタッフ、関係者による
舞台挨拶を予定しています。
《実施概要》
☆上映イベント:2009年 8月29日(土) 3回上映
(午前の部 11:00開演/
午後の部 14:30開演/夜の部 18:00開演)
会場:ドーンセンター /7階ホール
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
入場チケット:
前売:大人 1500円 高校生以下 1000円(夏休み特別価格)
当日:大人 2000円 高校生以下 1500円(夏休み特別価格)
お問合せ: E-mail > osk-829@nippon-p.org
主催:(社)にっぽんプロデュース/『降りてゆく生き方』関西地区上映委員会
後援:雑誌「オルタナ」

■第1回 UDXオープンカレッジ
「JEIC(ジェイク) エコ・ワークショップ」
「今、企業のエコ活動とは? eco検定(環境社会検定)がはたす役割」
開催日:09年9月9日(水)
講演会:午後6時~7時 (受付けは5時半から、会費は当日受付で)
懇親会:午後7時~8時
会 場:秋葉原UDXビル4F、UDXマルチスペース〈東京フードシアター 5+1〉
http://udx.jp/access.html アクセスhttp://www.udx.jp/access.html
参加費:<講演会>無料
<懇親会>お一人様 4,000円(税込み)
(★当会会員、エコピープルは3,000円(税込み)
主 催:NPO日本環境調査会 <JEIC(ジェイク)>
詳しくは:http://www.eco-people.jp/lobby/2009/08/jeic.html
スポンサーサイト
2009.08.28 Fri l オルタナ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaijindaigaku.blog56.fc2.com/tb.php/82-04a17ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。