上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
9月に入りました。

僕が取り組んでいるアクションラーニングの体験講座が
来週あるので、興味のある方はぜひ。

http://interfacenews.seesaa.net/article/126428790.html

アクションラーニングを通じて、
その取り組みの中で、出てきたのが、
「世界人大学」の再定義。

2月から、活動を開始してゆるゆるとやってきておりますが、
「かかわり」や「つながり」が増えてくる中で、
それぞれとの関係性を考えさせられているのです。

そのために第一歩として
「世界人大学」自体の見直しをしてみました。

見直しといいつつ、いつも、これは考えているのです。

「おもしろい」世の中をつくろう。

これはゆるぎない方向性だと思います。
では、このおもしろいとは?

また、改めて問いかけてきました。
日本語では、
「粋」
という言葉であることが近いのでは?

ホームページに書かせてもらいました。

witty。そんな形容詞もでてきて使ってきましたが、
この一ヶ月で落ちてきている言葉が、interesting

僕は、英語専門家でもないので、感覚でしかないですが、
自分のあり方としては、WITTY
で、いいかな。そうおもいます。

そして、人に説明する面白さとしては

interesting

であるのかな。とおもいます。ただのfunnyとは違いますので、
そこを説明していくとわかりやすいのかもしれないなと思います。

前置きがながくなりました・・・。

そんな作業にとりくんでいくなかで、もう一つのキーワードして出てきたのが
「多様性」です。

今回、選挙が終わり、民主党が大勝しました。
僕はこの結果を見て、以前の衆院選以上に怖さを感じています。

人々の考え方、立場は多種多様なのに、
「現れ方」が単純化してきているのに強い抵抗感を感じています。
ひょっとすると、これはこれから僕がおいかけ、世界に問いかけていく
政治的なテーマかもしれません。

カリスマ性のある(実はここが大変問題で)独裁者が現れないことを祈るばかりですが、
均一化、単純化する世の中に、
「怖さ」感じてほしいなと思います。

先日、有珠山を降りながら
何十年か時が経つとよみがえる森と、その多様性を体感してきました。。
噴火によって、焼け野原になったはずなのに、緑、命あふれる恐怖すら感じる森。
いろいろな匂い、音がするのに、そこには人工的なものは感じられませんでした。

多様性を感じると、弱いものにも目が向きます。

僕は、「弱者のため」にといいつつ動き出し
大きな結果と達成感がしきりに報道されるこの選挙結果に、
逆に、マイノリティが見落とされてしまう、弱いものが見落とされる怖さを感じています。

世界人大学では、
大きな夢をもちながら、
弱さや怖さを忘れない人たち

輩出できるよう、一つ一つ準備をします。
スポンサーサイト
2009.09.01 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sekaijindaigaku.blog56.fc2.com/tb.php/86-55451622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。