上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。
横山です。

いま、世界人大学の代表として、
オルタナビジネスコミュニティの北海道幹事として
先に案内した「降りてゆく生き方」という
上映方法がちょっと変った映画の札幌上映会の企画をしています。

実は僕が伝えたいのは、
「映画」を見よう。
ということより、
【既存の価値観を見直そう。】(否定するわけではなく)

ということです。

ちょうど選挙もかさなり、政権交代が見えてきているようですが、
すみません、ぼくにとっては、
僕等の生活や価値観は大きく変化しないのではないだろうかとおもっています。

さまざまな人たちがいるのに、
ほんとうに二大政党+αのような、
あり方に少々疑問を感じているのです。

シンクタンク・ソフィアバンク代表の田坂広志さんは、
「個人の行動ルールを変えることによって経済や、市場の双発や、自己組織化の結果が大きく変わるのである。」
とオルタナの連載記事で述べています。

解釈の仕方が正しいかどうかはわかりませんが、
僕は、これだけ複雑になったからこそ、
「一人一人の生き方、あり方」なのだと考えていますが、「これだ!!」という答えは出ません。
でも、すぐに答えが出ていなくてもよし。ともしています。
僕ごときがすぐ、答えが出るテーマならもうすでに解決されてますからね。

さて、話を元に戻すのですが、
「降りてゆく生き方」も見たいけど、
『やっぱり「べてるの家」を見学に行きたいよね。』
友人とそういう話になりました。

皆さんはどうでしょうか?

もし、ご希望の方がいらっしゃるのであれば、
取りまとめて、見学の申し込みをしたいと思います。
ご検討下さい。

べてるの家は、1984年に設立された北海道浦河町にある精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点です。

自分達の弱さを、自ら認めています。でも、ゆるやかな自立をしています。
(前述した田坂さんは自律という言葉をつかっています。)

そもそもが、競争社会で勝負してしまったら負ける人たちばかりなので、
そこから「降りて」活動しています。

以下にべてるの家の理念を転載しました。
まるで、従来のビジネス(ひょっとすると学校でならったことも・・・)
ではありえないようなことが掲げられているかもしれません。
そして、ややもすると後ろむきな言葉一つ一つですが、
背景には、とてもポジティブな要素が含まれています。
たとえば、「安心してサボれる職場づくり」というのは、
実際にどのような状況になると「安心してサボれるのか?」
そんなことを考えてみると、
当事者同士のしっかりした信頼関係が背景にあったりします。

この言葉を見て、パタゴニアの社長が書いた、
「社員をサーフィンに行かせよう」のことを思い起こしました。

ということで、9月か10月の週末に考えています。
(週末の見学が可能なのかはまだ確かめていませんが・・・)
皆さんからのご連絡お待ちしております。
【問合せ先】sekaijindaigaku@gmail.com

【べてるの家の理念】
・三度の飯よりミーティング
・安心してサボれる職場づくり
・自分でつけよう自分の病気
・手を動かすより口を動かせ
・偏見差別大歓迎
・幻聴から幻聴さんへ
・場の力を信じる
・弱さを絆に
・べてるに染まれば商売繁盛
・弱さの情報公開
・公私混同大歓迎
・べてるに来れば病気が出る
・利益のないところを大切に
・勝手に治すな自分の病気
・そのまんまがいいみたい
・昇る人生から降りる人生へ
・苦労を取り戻す
・それで順調
2009.08.25 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。
代表の横山です。

体のてっぺんから、足まで、
ガタピシです。
というのが、かねてから告知していたように、
有珠山の火口を見てきたのです。
・・・キンニクツウ。とは呼べないくらい。
およそムチうちに近い症状で、僕は横も向けないし、
階段は手すり必須。情けない。

そんなわけで、こっそりヘッドスパに行って快適なマッサージをしてもらいました。

ところで、昨日、その記念すべき日に、
歴史的なこと決定されました。

さすが世界人大学、最高のタイミングで動いています。
地球の命を実感した日のイベントについては後ほどご報告します。


--------

【有珠山・糸魚川・島原半島「地質の世界遺産」に】

 世界的に価値が高い火山や地層、地形などを国際的に認定する「世界ジオパーク(世界地質公園)」に、日本の洞爺湖・有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、島原半島(長崎県)の3地域の登録が決まった。

 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の支援で設立する国際運営組織「世界ジオパークネットワーク」(GNN、事務局・パリ)が23日、中国泰安市で開催中の会議で発表した。

 「地質分野の世界遺産」とも位置づけられる世界ジオパークで、日本の登録地が誕生するのは初めて。今回、日本以外にも中国の2地域の登録も認められ、世界ジオパークは19か国63地域となった。

(2009年8月23日11時46分 読売新聞)
2009.08.23 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

降りてゆく生き方という映画について
先の記事でオルタナの編集長も触れていましたが、
大阪で、イベントが催されます。

僕も札幌での上映会を創ろうと、動き出したのですが、
コラボのイベントが行われますので、
ぜひ、お近くの方、覗いてみて下さい。
http://sekaijindaigaku.blog56.fc2.com/blog-entry-55.html


---------------------------------------------------------------------------
映画「降りてゆく生き方」事務局からのお知らせです。

いよいよ関西初上映もカウントダウントが始まりました!!
心待ちにしている全国のみなさまに、さらなる朗報です!!

映画「降りてゆく生き方」の関西での初上映を記念して
無料特別イベントを開催いたします。
http://www.nippon-p.org/blog/2009/08/post_83.html

日本を代表する環境やCSR分野のビジネス情報誌として有名な「オルタナ」の森摂編集長と、映画「降りてゆく生き方」プロデュース・脚本/弁護士の森田貴英氏が、これからの日本社会において必要とされる「公益型企業」や「公益資本主義」について、それぞれの豊富な職務経験をもとに、語り合います。

森摂氏は、日本経済新聞社の経済記者を経て、「環境」と「CSR」そして「志」の雑誌「オルタナ」を創刊され、日本はもちろん世界中の最新状況を把握され、日本の「環境」と「CSR」分野において主導的な役割を果たしておられます。

森田貴英氏は、企業法務やファイナンスの分野でビジネス弁護士として多様な経験をもっています。そして、映画「降りてゆく生き方」の製作を通じて、環境、教育、福祉、農業、地域づくりなどの分野においても精通するに至っておられます。

今回の特別企画では、森氏と森田氏とが、日本中で活躍する社会企業家・教育者などの取材映像をみながら、どうやったら「公益型企業」がつくれるのか、「公益資本主義」がどうしたら実現するか、などを、具体的な実例を通してとことん語り合います。

参加者の皆さんとのインタラクティビティもお得意なお二人なので、対話型の充実した企画となることうけあいです。皆さん、奮ってご参加下さい。


=========================
★映画「降りてゆく生き方」関西初上映記念特別企画

どうやったら「公益型企業」「公益資本主義」を実現できるか?
~「オルタナ」と「降りてゆく生き方」から考える「次世代型経営」~

=========================

●講師:
・「オルタナ」編集長 森 摂
・映画「降りてゆく生き方」プロデュース・脚本/弁護士 森田貴英

●日時:8月28日(金) 午後7時~(2時間程度を予定)

●会場:大和ハウス工業本社ビル 会議室
http://www3.daiwahouse.co.jp/officeHP/shiten_map.asp?officecd=100
(大阪市北区梅田三丁目3番5号/tel.06-6346-2111)


●募集人員:100名(限定)

ご注意:席には限りがありますので、定員に達した時点で
募集を締め切らせて頂きます。ご応募はお早めに!

●参加費:無料

●申込み方法:
以下のアドレス宛に必要事項を記載し、「メール」にて申込みください。
・必要事項>>お名前/住所(都道府県のみ)/性別/年令

●申込みメールアドレス→ osk28@nippon-p.org

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[関連情報]

●8月29日ー映画「降りてゆく生き方」大阪上映情報
http://www.nippon-p.org/blog/2009/07/post_62.html

●8月30日ー鑑賞者限定「生き方」発見!スーパーイベント
http://www.nippon-p.org/blog/2009/08/_in_osaka.html
-------------------------------------------------------------
2009.08.21 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

オルタナ編集長からメールが届きましたので転載します。
今回の記事【逆マイレージ】の発想。
これはなかなかおもしろい。
活動しないことが、活動に繋がる。

僕も何か、そんなこと創れないかな?



--------------
いつもお世話になっております。
多くの会社では、昨日で夏休みが終わったことと思います。
皆さまはどのように過ごされたでしょうか。
私は先週、多摩川の川沿いを自転車で走りました。

■「多摩ポタ」のススメ

「オルタナ」では自転車ジャーナリストの山本修二さんが
「東京ポタリング」という連載をされています。

ポタリングとは、自転車でゆっくり「散歩」すること。
この連載では多摩川や隅田川など川がたくさん出てきますが、
僕も実際に走ってみて、その理由がとても良く分かりました。

それは、川風のためか、体感温度が街中より5度近く涼しく、
とにかく爽快なのです。しかも、多摩川沿いは緑が多く、
疲れた目を癒してくれます。

僕は浜田山の自宅を出発し、狛江あたりから多摩川を上り
始めましたが、気が付いたら、福生まで来ていました。
暗くならなかったら、もっと川上まで行っていたでしょう(笑)。

多摩川のポタリングなので、略して「多摩ポタ」。10月ごろから、
月に一回、有志を集めて「多摩ポタの会」を開きたいと考えています。
詳細は追ってまた。

■「買ってくれたら社会貢献」ではない、「逆マイレージ」型の妙

企業の社会貢献活動では最近、「消費者が商品を買ってくれたら、
企業が寄付する」という手法が増えていますが、全く逆張りの、
面白い社会貢献活動もあるのです。

それはソニー損保が今年3月に始めた
「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」です。

仕組みはまず、同社の自動車保険加入者が契約時に「この1年間に
どれくらい走るか」という、年間「予想」走行距離を申告します。

1年後、実際の走行距離が「予想」より下回った場合、
契約者には走らなかった分の保険料を翌年の保険料から割引きます。
(予想より多く走らないためのインセンティブになります)

さらに、同社は加入者が「予想」より走らなかった距離100キロ当たり
1円を拠出し、そのお金で、日本の幼稚園や保育所にソーラー発電所
(太陽光パネル)を設置するというものです。

ソニー損保では、「当社の自動車保険加入者約100万人の
予想総走行キロ77億キロのうち、加入者が10億キロ分を『乗らなく』
なれば、1000万円の寄付ができる」と試算しています。

ソーラー発電所の設置費用が約350万円なので、これで年間3-4基の
太陽光パネルを幼稚園に設置する計画です。

面白いのは、ソニー損保にとっても、加入者が乗らない距離が増えれば、
事故も減るというメリットもあること。

また、このプロジェクトが評価されると、自動車保険の継続率が
高まるという読みもあるのかも知れません。

このプログラムに携わった同社の松田安弥美さんはまだ入社2年目で、
「今までCSRは言葉でしか知らなかったけど、このプログラムに関わって、
自分の子どもたちの世代に住みやすい地球を残したいという気持ちが
強くなりました」と話してくれました。

最近、「商品を買ってくれたら、その分、社会貢献します」という、
いわゆる「コーズ・マーケティング」がブームになりつつありますが、
ソニー損保さんのは「乗らなければ、その分、寄付します」という、
逆マイレージ型の社会貢献です。

オルタナは、弊誌3号で「横並びCSRならやめちまえ」という
特集を組みましたが、この「逆マイレージ」型CSRは、横並びではない
本当にユニークな取り組みだと感じました。

■■■ABC(オルタナ・ビジネス・コミュニティ)セミナー 8月21日
「鼎談―バックキャスト経営を考える」
鼎談: 川本 隆一氏(INAX代表取締役社長)
井本 省吾氏(日本経済新聞編集委員)
森 摂(オルタナ編集長)
日時:8月21日(金) 19:00~20:50
受付開始: 18:30
挨拶&紹介: 19:00~19:10
鼎談: 19:10~20:10
質疑応答:20:10~20:50
懇親会: 21:00~22:50
セミナー参加費: 3000円(一般)
2000円(ABC会員、定期購読者、オルタナ株主)
1000円(オルタナを定期購読している学生)
※お支払いは当日現金払いで、領収証も発行いたします。
定期購読は、その場でも受け付けます。
懇親会費:2000円(ビール、ソフトドリンクなどのお飲み物と軽食付)
懇親会には、時間の許す限り、川本氏、井本氏も参加予定です。
場所:新丸の内ビルディング 10階 東京21cクラブ
地図は下記をご参照ください。
http://www.tokyo21c-club.com/open/info/access.html
締め切りは明後日、19日です。
申し込みのフォームは前号の編集長メールにあります。
奮ってご参加下さい! すでに応募いただいた方、有難うございました!
2009.08.18 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
1249787111-20090809120213.jpg
これから大通り公園でスイカ割りが始まります。
2009.08.09 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。