上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは。
横山です。オルタナ編集長からメールが届きました。
今回は、民主党の政策について
再度突っ込んだお話が書かれています。

今、世の中の流れは、
政権交代というものにむけて
流行のように流れているようです。

オルタナは特にマニフェストの環境分野に注目して
民主党の支持を表明していたわけなのですが、
読者からの質問に対して、編集部が真摯に対応している様子が伺えます。

読者の意識の高さと、
編集長の森さんの誠実な対応(インテグリティ)。
雑誌というどちらかというとマイナス成長のメディアにもかかわらず、
これからのメディアの「あり方」を示唆している気がします。

世界人大学は、来年、一般社団法人化を目指しております。
そして、オルタナが主催する
産学官、そしてNPOを繋ぐオルタナビジネスコミュニティの
幹事として本格的に活動をはじめます。

今は、世界人大学とともに小さな活動ではありますが、
粘り強くジャブのように(シャブではありません。)
世の中にインパクトを与える存在になりたいと考えています。

長くなりました。
編集長からのメールです。

--------------

雑誌オルタナは今月、次期衆院選の各党マニフェスト(政権公約)の
特に環境政策分野について比較検討し、その結果、民主党の
マニフェストをエンドース(支持)すると表明しました。

これに対して、同じ民主党のマニフェストには高速道路無料化が
うたわれており、これにより自動車の交通量が増えれば、
民主党のCO2削減目標(2020年までに25%)と矛盾するのではないか
――との声が少なからずオルタナ編集部に寄せられました。

この点をさらに明らかにするため、オルタナ編集長の森 摂は8月26日、
民主党のマニフェストで環境分野を担当している福山哲郎参議院議員に
電話取材し、下記の説明を受けました。まずは皆さんにご紹介します。

(以下、福山議員の発言要旨)
高速道路の無料化とCO2削減は矛盾しません。これまで高速道路の料金が
高いためにクルマが一般道に流れ込み、渋滞を引き起こしている箇所も
数多くありました。高速道路が無料化されれば、交通が分散され、
渋滞緩和につながることも期待できます。

国土技術政策研究所の試算(2008年度)によると、高速道路を10割引
(無料化)にした場合、全国の自動車によるCO2排出量は年間310万トン
削減でき、これは自動車によるCO2排出量の1.8%に相当するとのことです。

民主党は、キャップ&トレード方式による実効ある国内排出量取引市場、
地球温暖化対策税の導入、自然エネルギーの固定価格買取制度(全量
買い取り)を早期に導入するなど、トータルで環境政策を進めます。
高速道路の無料化だけを取り上げて、地球温暖化対策と矛盾するという
論はあたらないと考えます。
(以上、福山議員の発言要旨終わり)

民主党の高速道路無料化に対しては、無料化されると交通量が増大し、
CO2の増加を招くなどとして、「気候ネットワーク」などの環境団体が
強く反対しています。

オルタナとしては、民主党の地球温暖化対策は自民党に比べて、
高く評価したいのですが、高速道路の無料化については、CO2が
増えるのか、あるいは福山議員が主張するように、逆に削減されるのか、
まだ確証が持てません。

もし仮に民主党が政権をとり、高速道路が無料化された場合、
交通量を精細に分析し、そしてCO2が増えるような事態になれば、
速やかに次の対策を取るよう、求めたいと思います。

また、ガソリンの暫定税率については、
オルタナ11号「環境税は怖くない」で取り上げたように、
廃止するのではなく、環境税(炭素税)化するのが良いと森は考えます。

オルタナは今後とも、3日後に控えた総選挙の結果にかかわらず、
環境と経済の問題を注意深く検証していく所存です。
今後の誌面に、どうかご注目ください。

■■■オルタナお勧めのイベントのお知らせ
■サステナビリティ・リーダーシップ・セミナー
「グリーン・リカバリー」の潮流に乗ろう!!
- グリーンキャリア・グリーン教育、そして持続可能企業の実現へ -

greenz編集長・鈴木菜央さんもゲストスピーカーとして登壇します。
ワークショップも別途開催。

会場: クロスコープ 北青山(銀座線外苑前駅徒歩2分)
地図: http://www.equalc.com/events
日時: 2009年9月12日(土)10:00 - 13:00
参加費: 2,000円 (事前メール申込)
定員:40名(先着順)
問い合わせ・お申し込みはhttp://www.equalc.com/ja/events

■映画「降りてゆく生き方」大阪上映&スペシャルイベント
(降りてゆく生き方 夏祭り in OSAKA)
http://www.nippon-p.org/mov-osk-829.html
宣伝も広告も一切しないのに、短期間で1万人を動員した映画
「降りてゆく生き方」が、8月29日(土)と30日(日)の2日間、
大阪で映画上映&スペシャルイベントが実施されることになりました。
29日(土)には、俳優の苅谷俊介さん、女優の大谷允保さん、「発酵道」で
有名な寺田啓佐さん(寺田本家)など、豪華キャスト、スタッフ、関係者による
舞台挨拶を予定しています。
《実施概要》
☆上映イベント:2009年 8月29日(土) 3回上映
(午前の部 11:00開演/
午後の部 14:30開演/夜の部 18:00開演)
会場:ドーンセンター /7階ホール
http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html
入場チケット:
前売:大人 1500円 高校生以下 1000円(夏休み特別価格)
当日:大人 2000円 高校生以下 1500円(夏休み特別価格)
お問合せ: E-mail > osk-829@nippon-p.org
主催:(社)にっぽんプロデュース/『降りてゆく生き方』関西地区上映委員会
後援:雑誌「オルタナ」

■第1回 UDXオープンカレッジ
「JEIC(ジェイク) エコ・ワークショップ」
「今、企業のエコ活動とは? eco検定(環境社会検定)がはたす役割」
開催日:09年9月9日(水)
講演会:午後6時~7時 (受付けは5時半から、会費は当日受付で)
懇親会:午後7時~8時
会 場:秋葉原UDXビル4F、UDXマルチスペース〈東京フードシアター 5+1〉
http://udx.jp/access.html アクセスhttp://www.udx.jp/access.html
参加費:<講演会>無料
<懇親会>お一人様 4,000円(税込み)
(★当会会員、エコピープルは3,000円(税込み)
主 催:NPO日本環境調査会 <JEIC(ジェイク)>
詳しくは:http://www.eco-people.jp/lobby/2009/08/jeic.html
2009.08.28 Fri l オルタナ l コメント (0) トラックバック (0) l top
横山です。

9月のイベントのご案内です。
9月はいろいろありますが、まずはこちら!
世界人大学 芸能界からもゲストを呼びます。

★ヒットメーカーから学ぶ自己表現★

ある種、ミーハーな僕は、芸能界という華やかな世界には憧れております。
また、その世界に生きる方々の、リアルな日々には、強い好奇心があります。

ひとりのスターを、登場させるために、どれだけの方たちがかかわり
どれだけの作業があるのか。想像するだけでわくわくします。

「自分が成功して半人前、人を成功させて一人前。」
僕の師匠の一人は、その言葉を残して東京に行ってしまいました。
(夏休みとか帰ってきますし、しょっちゅう会えますけどね。)

人を成功させる、プロフェッショナルでありながら、
自らもライブ活動を行い、好きな事を楽しむ。
そんな芸能界の第一線にいらっしゃる方を今回はゲストにお招きしました。

そして今週末あの24時間テレビでも、
昨年設立のマウミュージックで今回のゲストBULGEがプロデュースした方々がライブを行うそうですよ。
いそがしいのに、わざわざ札幌まで来てくださいます。


【テーマ】:ヒットメーカーから学ぶ自己表現

【ゲスト】 
BULGE 田中利江氏
maumusic代表 細見篤史氏

○日時 2009年9月18日(金) 19:00~21:30(延長あり)
  
○場所 イベントスペースEdit (いつもと場所が違います。)
札幌市中央区南2条西6丁目 南2西6ビルB1F

○参加費 一般5000円(世界人大学 過去参加者は4000円)
       
○人数 50名(申し込み先着順)

○申し込み先 sekaijindaigaku@gmail.com

○内容
【ショートインタビュー】 ゲストのお二人のプロフィールを聞き出します。
【ミニライブ】 お話が苦手ということですのでライブをお願いしています。
【CCワーク】 普段、芸能界の方々のボイストレーニングをされている利江さん。
会場の皆さんに、ボイトレに関連してワークをお願いしちゃいます。
(声質診断とか・・・・)
【ロングインタビュー】
さらにゲストを掘り下げます。自己表現とはなにか?
プロになる資質とは?
世の中努力すれば夢がかなうのか?

事と次第によっては、さらに唄を唄っていただけるかも・・・。

○対象
社会にかかわり、世界を広げようとしている方

【特別ゲストプロフィール】
≪田中利江氏≫

■3歳のころに母親が観ていたテレビ番組でピアノに興味をもつ。4歳からピアノのレッスンを受け始めたが、オモチャでないことに気づき早速イヤになる。今更ピアノをやめたいとは言い出せず、成り行きで作曲を始めさせられてしまう。
■ところがここで天賦の才能が発揮され、7歳、9歳、10歳の時にヤマハ・ジュニア・オリジナル・コンサートで入賞する。
■そろそろクラシックに飽きはじめ、12歳からバンドを組みオリジナル曲を作り始めてみる。本当はボーカリストの座を狙っていたが、音痴のためキーボード担当に収まる。。。
■大学進学後もバンド活動にますます没頭し、どうしても歌いたい気持ちが抑えられずシンガーソングライターを夢見て独学で歌の勉強を始める。
■1992年3月、ヤマハ・シンガーソングライター・オーディション「My Song」全国大会にて優秀賞受賞。
■同年9月、ヤマハ「MUSIC QUESTユ92」日本大会にて金賞受賞。
■1995年:BULGEとして活動を開始し現在に至る。

4オクターブの声域を持つ。ボーカリストとして、渡辺美里、酒井法子、染谷 俊、島谷ひとみ、安倍なつみ、Folder5、松浦亜弥、V6、中川 進、千里愛風・・・・・・etcのレコーディングやライブに参加。

☆本人談☆
音痴は治ります(ただし条件付き)笑。
事実、私は20歳くらいまで歌がとても下手でした。こうしてプロとして歌で仕事する未来が待っているとはあの頃は考えられませんでした。だからこそ歌で悩む人の気持ちは痛いほどわかるつもりです。歌が上手くなるには様々なコツがあるんです。
ただし形だけ真似て小手先の技術でごまかすのではなく、本物のシンガーとして必要な根本的な事柄を身につけていくのです。
どうすれば歌が上手くなるのか、どうすれば正しい発声ができるのか、もし声が枯れたらどうすれば良いのか、いろんな声を出すには?
など、自分の体を楽器としてコントロールしていく方法をフィジカル面、メンタル面の両方から指導いたします。
つづきはスタジオで・・・
音楽で、歌で悩む方に少しでも楽になってもらえるよう心掛けています。

≪細見篤史氏≫
■10代より独学にてギターを始める。
■ギタリストとして様々なバンドにて活躍し、大学卒業後に上京。
■2003年島谷ひとみ楽曲「トラキアの女」(BULGE作詞・作曲・編曲)のレコーディングに参加した際にBULGEのふたりと意気投合。以降様々なプロジェクトに参加。
■2003年より都内近郊のスクールにて講師活動を開始し、現在170人を超える生徒数を誇る。

今までの講師活動を通し、のべ300人の生徒さんに触れ、独自の指導方法を開拓。 非常にわかりやすく、親切丁寧な指導には定評がある。
エレキギター、アコースティックギター、ウクレレと響きの違う楽器を通し、様々な音楽スタイルにマッチする演奏を心掛けています。

☆本人談☆
プロのミュージシャンを目指して上京後、厳しい現実に打ちのめされ、一旦はプロになるのを諦めるという挫折を経験。
人生の方向転換を考え始め、様々な仕事に就く。
焼き肉屋の店長をはじめ、35の職歴を経験するという異色の経歴を持つ。
狂牛病旋風が焼き肉屋業界を襲ったため、再度プロミュージシャンに挑戦。
つづきはスタジオで・・・。
ミュージシャンという者は浮世離れしがちではありますが、このような職歴を経たことによって人生の侘び寂びを知った男♂である。

【横山からのコメント】
お2人が運営する、マウミュージックに、
おねがいして、世界人大学で連続講座ができないか?
現在交渉をさせていただいております(笑)

北海道にいながらにして、プロフェッショナルから、
学ぶことができる場をこれからも創りたいと思っています。

世界人大学が、まだ、形にならないときから、
いろいろな相談をしたり、お話をさせていただいて
これまで、継続してきた中で、やっと現実化しました。









2009.08.26 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。
横山です。

いま、世界人大学の代表として、
オルタナビジネスコミュニティの北海道幹事として
先に案内した「降りてゆく生き方」という
上映方法がちょっと変った映画の札幌上映会の企画をしています。

実は僕が伝えたいのは、
「映画」を見よう。
ということより、
【既存の価値観を見直そう。】(否定するわけではなく)

ということです。

ちょうど選挙もかさなり、政権交代が見えてきているようですが、
すみません、ぼくにとっては、
僕等の生活や価値観は大きく変化しないのではないだろうかとおもっています。

さまざまな人たちがいるのに、
ほんとうに二大政党+αのような、
あり方に少々疑問を感じているのです。

シンクタンク・ソフィアバンク代表の田坂広志さんは、
「個人の行動ルールを変えることによって経済や、市場の双発や、自己組織化の結果が大きく変わるのである。」
とオルタナの連載記事で述べています。

解釈の仕方が正しいかどうかはわかりませんが、
僕は、これだけ複雑になったからこそ、
「一人一人の生き方、あり方」なのだと考えていますが、「これだ!!」という答えは出ません。
でも、すぐに答えが出ていなくてもよし。ともしています。
僕ごときがすぐ、答えが出るテーマならもうすでに解決されてますからね。

さて、話を元に戻すのですが、
「降りてゆく生き方」も見たいけど、
『やっぱり「べてるの家」を見学に行きたいよね。』
友人とそういう話になりました。

皆さんはどうでしょうか?

もし、ご希望の方がいらっしゃるのであれば、
取りまとめて、見学の申し込みをしたいと思います。
ご検討下さい。

べてるの家は、1984年に設立された北海道浦河町にある精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点です。

自分達の弱さを、自ら認めています。でも、ゆるやかな自立をしています。
(前述した田坂さんは自律という言葉をつかっています。)

そもそもが、競争社会で勝負してしまったら負ける人たちばかりなので、
そこから「降りて」活動しています。

以下にべてるの家の理念を転載しました。
まるで、従来のビジネス(ひょっとすると学校でならったことも・・・)
ではありえないようなことが掲げられているかもしれません。
そして、ややもすると後ろむきな言葉一つ一つですが、
背景には、とてもポジティブな要素が含まれています。
たとえば、「安心してサボれる職場づくり」というのは、
実際にどのような状況になると「安心してサボれるのか?」
そんなことを考えてみると、
当事者同士のしっかりした信頼関係が背景にあったりします。

この言葉を見て、パタゴニアの社長が書いた、
「社員をサーフィンに行かせよう」のことを思い起こしました。

ということで、9月か10月の週末に考えています。
(週末の見学が可能なのかはまだ確かめていませんが・・・)
皆さんからのご連絡お待ちしております。
【問合せ先】sekaijindaigaku@gmail.com

【べてるの家の理念】
・三度の飯よりミーティング
・安心してサボれる職場づくり
・自分でつけよう自分の病気
・手を動かすより口を動かせ
・偏見差別大歓迎
・幻聴から幻聴さんへ
・場の力を信じる
・弱さを絆に
・べてるに染まれば商売繁盛
・弱さの情報公開
・公私混同大歓迎
・べてるに来れば病気が出る
・利益のないところを大切に
・勝手に治すな自分の病気
・そのまんまがいいみたい
・昇る人生から降りる人生へ
・苦労を取り戻す
・それで順調
2009.08.25 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。
代表の横山です。

体のてっぺんから、足まで、
ガタピシです。
というのが、かねてから告知していたように、
有珠山の火口を見てきたのです。
・・・キンニクツウ。とは呼べないくらい。
およそムチうちに近い症状で、僕は横も向けないし、
階段は手すり必須。情けない。

そんなわけで、こっそりヘッドスパに行って快適なマッサージをしてもらいました。

ところで、昨日、その記念すべき日に、
歴史的なこと決定されました。

さすが世界人大学、最高のタイミングで動いています。
地球の命を実感した日のイベントについては後ほどご報告します。


--------

【有珠山・糸魚川・島原半島「地質の世界遺産」に】

 世界的に価値が高い火山や地層、地形などを国際的に認定する「世界ジオパーク(世界地質公園)」に、日本の洞爺湖・有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、島原半島(長崎県)の3地域の登録が決まった。

 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の支援で設立する国際運営組織「世界ジオパークネットワーク」(GNN、事務局・パリ)が23日、中国泰安市で開催中の会議で発表した。

 「地質分野の世界遺産」とも位置づけられる世界ジオパークで、日本の登録地が誕生するのは初めて。今回、日本以外にも中国の2地域の登録も認められ、世界ジオパークは19か国63地域となった。

(2009年8月23日11時46分 読売新聞)
2009.08.23 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

降りてゆく生き方という映画について
先の記事でオルタナの編集長も触れていましたが、
大阪で、イベントが催されます。

僕も札幌での上映会を創ろうと、動き出したのですが、
コラボのイベントが行われますので、
ぜひ、お近くの方、覗いてみて下さい。
http://sekaijindaigaku.blog56.fc2.com/blog-entry-55.html


---------------------------------------------------------------------------
映画「降りてゆく生き方」事務局からのお知らせです。

いよいよ関西初上映もカウントダウントが始まりました!!
心待ちにしている全国のみなさまに、さらなる朗報です!!

映画「降りてゆく生き方」の関西での初上映を記念して
無料特別イベントを開催いたします。
http://www.nippon-p.org/blog/2009/08/post_83.html

日本を代表する環境やCSR分野のビジネス情報誌として有名な「オルタナ」の森摂編集長と、映画「降りてゆく生き方」プロデュース・脚本/弁護士の森田貴英氏が、これからの日本社会において必要とされる「公益型企業」や「公益資本主義」について、それぞれの豊富な職務経験をもとに、語り合います。

森摂氏は、日本経済新聞社の経済記者を経て、「環境」と「CSR」そして「志」の雑誌「オルタナ」を創刊され、日本はもちろん世界中の最新状況を把握され、日本の「環境」と「CSR」分野において主導的な役割を果たしておられます。

森田貴英氏は、企業法務やファイナンスの分野でビジネス弁護士として多様な経験をもっています。そして、映画「降りてゆく生き方」の製作を通じて、環境、教育、福祉、農業、地域づくりなどの分野においても精通するに至っておられます。

今回の特別企画では、森氏と森田氏とが、日本中で活躍する社会企業家・教育者などの取材映像をみながら、どうやったら「公益型企業」がつくれるのか、「公益資本主義」がどうしたら実現するか、などを、具体的な実例を通してとことん語り合います。

参加者の皆さんとのインタラクティビティもお得意なお二人なので、対話型の充実した企画となることうけあいです。皆さん、奮ってご参加下さい。


=========================
★映画「降りてゆく生き方」関西初上映記念特別企画

どうやったら「公益型企業」「公益資本主義」を実現できるか?
~「オルタナ」と「降りてゆく生き方」から考える「次世代型経営」~

=========================

●講師:
・「オルタナ」編集長 森 摂
・映画「降りてゆく生き方」プロデュース・脚本/弁護士 森田貴英

●日時:8月28日(金) 午後7時~(2時間程度を予定)

●会場:大和ハウス工業本社ビル 会議室
http://www3.daiwahouse.co.jp/officeHP/shiten_map.asp?officecd=100
(大阪市北区梅田三丁目3番5号/tel.06-6346-2111)


●募集人員:100名(限定)

ご注意:席には限りがありますので、定員に達した時点で
募集を締め切らせて頂きます。ご応募はお早めに!

●参加費:無料

●申込み方法:
以下のアドレス宛に必要事項を記載し、「メール」にて申込みください。
・必要事項>>お名前/住所(都道府県のみ)/性別/年令

●申込みメールアドレス→ osk28@nippon-p.org

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[関連情報]

●8月29日ー映画「降りてゆく生き方」大阪上映情報
http://www.nippon-p.org/blog/2009/07/post_62.html

●8月30日ー鑑賞者限定「生き方」発見!スーパーイベント
http://www.nippon-p.org/blog/2009/08/_in_osaka.html
-------------------------------------------------------------
2009.08.21 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。